ZEHのアイコン

ZEHサポート

東海地区の工務店・住宅会社をZEHに強い会社へとサポートします。

2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」において、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指し、
2030年までに新築住宅の平均でエネルギー消費量ゼロを実現する目標を設定しています。
大手ハウスメーカーのZEHへの取り組みは進み、一般消費者の間でもZEHの認知度は高まっています。
今後、家を建てるにあたって、ZEHに対応できる会社かどうかが選択肢の重要なポイントとなるはずです。

ZEH(ゼッチ)とは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、断熱性の高い住まいに、高効率の設備を取り入れることで消費エネルギーの削減を図り(省エネ)、太陽光発電などでエネルギーを創り出し(創エネ)、それらをコントロールするHEMSによって年間の一次エネルギー消費量が実質「ゼロ」となる住まいのことです。

一次エネルギー…石油、石炭、天然ガス等の化石燃料や、水力、風力、太陽、地熱など、自然から直接採取されるエネルギーのこと。一次エネルギーを使用して作る火力発電による電力などを二次エネルギーという。

平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
補助金額および上限額
  1. 補助対象住宅
    • 交付要件を満たす住宅
      一戸あたり定額75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
    • 寒冷地特別外皮強化仕様(1,2地域において外皮平均熱貫流率(UA 値)0.25以下)の住宅
      Nearly ZEHとして、設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上削減されている住宅も同額の補助金額とする。
  2. 蓄電システム
    補助対象として採択されるZEHに蓄電システム※1を導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。
    • 蓄電システムの補助額:蓄電容量※21kWh 当たり4万円
    • 蓄電システムの補助額上限:補助対象経費※3の1/3または40万円のいずれか低い金額
  1. 蓄電システムの要件は「設備等の要件および補助対象設備等一覧」(P14参照)をご確認ください。
  2. JEM規格で定義された初期実効容量の内、計算値と計測値のいずれかの低い方を適用し、補助額を算出します。また、補助額計算上は初期実効容量の小数点第二位以下は切り捨てとします。
  3. 蓄電システムの工事費は補助対象外とします。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業について詳細はこちら →

工務店・住宅会社にとって、ZEHへの対応は必要不可欠です。

ZEHが当たり前になる将来が予想される中、ZEHへの対応はもちろん、ZEHに強い会社になるに越したことはありません。

しかし
  • UA 値、ηA 値、一次消費エネルギー量の計算が大変で…
  • ZEHに対応するとコストアップになるような気がして…
  • どれくらいの断熱性能にすればよいのか…
  • ZEHに対して漠然とした不安が…
という工務店・建築会社の方も多いのではないでしょうか。
ZEH対応に困っているイラスト

ヤマガタヤが、ZEHの困ったを解決します!

ZEHへの対応が必要なのはわかっているけれど、大変そうで積極的に取り組めていない工務店・住宅会社の皆様。
ぜひヤマガタヤにご相談ください。ZEHへの不安・悩みを解消し、ZEHに強い会社となるための力になります。

ZEHに強い会社になる、営業・設計・工務のトリプルサポート

営業サポート

ZEHの魅力を伝える営業ツールを無料で作成します!

お客様がZEHを選ぶかどうかの判断の大きなポイントとなるのは、建築費の増額分に比べて、どれだけのメリットがあるのかという点です。ZEHにすると年間どれだけの家計への効果があるのかを具体的に金額で示すことができる「光熱費シミュレーション」を無料作 成し、営業をサポートします。

設計サポート

プランづくりのアイデアを提案します!

例えば、自然素材住宅を強みにしている会社の方と話をすると、「うちにはZEHは難しい」と初めからあきらめている場合があります。しかし、あきらめる必要はありません。家づくりへのこだわりは捨てずに、自社の強みを活かしたままZEHの基準を満たすためにはどうすればよいのか。1社1社の特性を活かした最適な仕様や建材を提案します。

工務サポート

太陽光発電+エコキュート+エアコンの工事をワンストップで行います!

太陽光発電の先行配線のタイミングでエアコンのスリーブ管を通し、パワコン設置と同時に室外機・室内機を設置。エアコンを後付けする場合に起こりがちな構造体を傷つける心配もありません。施工は実績豊富な弊社の専門スタッフが対応いたします。たくさんの下請けに依頼することなく一括で管理でき、工務の作業を効率化。合理的にコストを削減するとともに、仕上がりの美しさを提供します。

ヤマガタヤがZEHをサポートできる理由

大正7年の創業以来、住まい環境づくり一筋に歩んできたヤマガタヤは、ZEHの基準を満たすための要素
「断熱」「省エネ」「創エネ」の全てにおいて、サポートできる知識・実績・提案力を持っています。
さらに、グループ会社の一級建築事務所「株式会社キャッド」と連携し、設計の面からもZEHへの対応を細やかにサポートできます。

「断熱+省エネ+創エネ」の全てをサポート
  • 総合建材商社だからできる最適な建材・仕様の提案
  • エコキュート、エアコンなどの豊富な販売・施工実績。ZEH対応全館空調システムも
  • 東海地区No.1の施工実績を誇る太陽光発電システムのプロ

外皮性能計算、一次エネルギー消費量計算も承ります。

単に計算するだけではありません。ご相談に応じて、最適な仕様提案をさせていただきます。

BELS(ベルス)申請もまとめて承ります。

※計算及びBELS申請は有料となります。

message
自社の強みを生かしたZEHの実現と、コスト削減&負担軽減のために力になります。

ヤマガタヤでは、平成22年から太陽光発電システムの普及に力を入れ、東海地区No.1を目指して低コストでの導入を実現してきました。
国がZEH事業を推進し、今後、日本の住宅のスタンダードとなっていくであろうゼロエネルギーハウスについて、太陽光発電を中心に快適な住まい環境を提供する総合建材商社ヤマガタヤとして、住宅会社や工務店の皆様の力になり、互いが有益な新しい関係を築ける機会だと考えています。
ZEHをあきらないでください。住宅会社それぞれが持つ家づくりへのこだわりは捨てずに、自社の強みを活かしたままZEHの基準を満たすためにはどうすればよいのか。ヤマガタヤは、そうしたお悩みの解決策を提案します。コスト削減と負担軽減につながる提案をいたします。ぜひお気軽にご連絡ください。

対応地域の目安

※対応地域/岐阜県(美濃地方)・愛知県(尾張・西三河地方)、三重県(愛知県寄り地域)、滋賀県(岐阜県寄りの地域)